1: オムコシφ ★ 2012/11/26(月) 09:44:23.75 ID:???
11月17日に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、公開わずか4日で動員100万人を突破、都市部の劇場を中心に満席状態が続いている。

1995年にテレビシリーズが放送開始されて以来、今もますますファン層を広げている“エヴァ”という物語。
しかし、若い読者諸氏の間では、その総監督を務める庵野秀明=「ひたすらエヴァをつくり続けている人」という印象があるのではないか?

そこで今回、庵野秀明という男の、ひと言では語りきれない「作家性」と意外な「人間性」をあらためて考察してみたい。

***

庵野秀明が生まれ育ったのは、山口県宇部市。
工業コンビナートが立ち並ぶ風景は、エヴァで描かれた「第三新東京市」そのものだ。
ここで、庵野は幼い頃に観た『ウルトラマン』(66~67年)に強烈なインパクトを受け、特撮や『宇宙戦艦ヤマト』(74年)などのアニメ作品を貪るように観たという。

本人もたびたび「僕らの世代はオリジナルなものなんて基本的にはないことを認めるべきです」(『週刊プレイボーイ』97年8月12日号)と語っているように、初めて8ミリカメラで自主制作アニメをつくった高校時代から彼の作品には過去の特撮・アニメ作品の影響が色濃い。

しかし、彼がほかの同世代の作家より抜きんでた映像をつくることができる理由を、アニメ評論家の藤津亮太氏はこう分析する。

「庵野監督の優れた部分は“目の良さ”です。
細部までモノを観察してその本質を捉え、アニメーションとして再現できる。
その能力は、26歳のときに作画監督・原画として参加したアニメ映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』のロケット発射シーンでも遺憾なく発揮されています。
その“目の良さ”があるからこそ、過去の傑作を自分の中に取り込み、新たな作品を作ることができるんですね」

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/11/25/15578/

続きを読む